東急リバブル 評判

無料!各会社の買取額がわかります

東急リバブルの売却の評判について

東急リバブルは首都圏、関西圏を中心に全国展開されており、これまでの売買仲介取引の実績も豊富なようですね。

 

 

 

東急リバブルの特徴として、“リバブル売却保証システム”の導入があげられます。

 

 

 

リバブル売却保証システムは、一定期間内にマンションの売却ができなかった場合東急リバブルが購入するというシステムです。さらに再販売後に利益が出た場合は差益を還元してくれるというシステムになっています。

 

 

 

その他には“リバブルあんしん仲介保証”というものが導入されており、東急リバブルは保証が非常に充実しています。

 

 

 

 

そして、マンション売却プレミアムサポートといったものが導入されており、
汚れが気になる水まわりのクリーニングや壁や床の修繕、管理費の一部負担など様々なサービスが行われているようです。

 

 

 

東急リバブルはCM、広告などの宣伝もされており、知名度があり安心だといった声もありますが、やはりネット上の口コミや評判も気になるところです。

 

 

 

 

そこで東急リバブルの売却の評判について調べてみましたので、これから売却をお考えの方は是非参考にされて下さい。

 

 

 

 

「大手不動産会社と査定額を比較しましたが、その中でも東急リバブルが高く査定してくれたので、東急リバブルでお願いしました。結果、高値で売却することができました。」

 

 

 

 

「マンションの売却をリバブルに依頼しました。
しかし、担当者が約束の時間を過ぎても内覧希望者を連れて来なかったので確認の電話を入れたら、店舗間の連絡ミスでキャンセルになったとその時初めて知りました。

 

 

 

 

そして、ネット上に載せる物件情報もセンスが今一つありません。
結局、業者を変更しました。」

 

 

 

 

ネット上の評判や口コミを参考にしつつ、査定額、担当者の対応力や提案力などもしっかりと見極め、信頼できる不動産会社を選ばれて下さい。

東急リバブルの口コミについて

不動産会社を選ぶ判断基準は様々だと思いますが、「査定額」「担当者の対応力」「これまでの売却実績」は重要視すべきポイントです。

 

 

 

それらに加え、評判や口コミというものも非常に参考になってきます。

 

 

 

今回は東急リバブルの口コミを集めましたので、是非参考にされて下さい。

 

 

 

 

「賃貸で数年前にお世話になりましたが、東急リバブルに任せて良かったと思っています。担当者は礼儀正しく、営業も頑張ってくれ印象が良い方でした。
担当者のみならず、東急リバブルの方は電話の対応も良かったです。」

 

 

 

 

「マンションを購入する際に、他の不動産会社もあたりましたがその中でも対応の悪さが目立っていたのが東急でした。
営業マンの知識のレベルの低さには呆れました…。
質問し分からないことには『どうですかね…』などと言って誤魔化してきました…。」

 

 

 

 

「東急リバブルさんに仲介してもらい契約を行いました。
私自身初めてのマンション購入だったことに加え、転職して1年も経っていないなどの購入には厳しい条件がありましたが、ローン審査の際に銀行の担当者に強くプッシュしてくれるなど、担当者は親切な対応でした。
私の場合は、担当してくれた方がしっかりと説明してくれたり、親切に対応してくれたのでたまたま恵まれていたのかもしれませんが。」

 

 

 

 

 

 

「大手と言われている不動産会社はすべてまわりましたが、リバブルの対応は一番ひどく感じました。
営業マンの知識はないし、説明を求めれば曖昧な返答しか返ってこない…。
そのうえ時間にルーズだったため選択肢から外れました。」

 

 

 

 

口コミを調べていると、東急リバブルのような大手不動産会社では、
営業マンの対応は非常に個人差が大きいことが分かります。

東急リバブルの売却保証とは?

東急リバブルは首都圏、関西圏を中心に全国展開されており、これまでの売買仲介取引の実績も豊富で多くの方から支持されていますが、東急リバブルが沢山の方に支持される理由は保証制度にもあると思います。

 

 

 

東急リバブルは保証システムが非常に充実しています。

 

 

 

以前は“買取保証制度”というものが導入されていたのですが、
現在は“リバブル売却保証システム”というものが導入されています。

 

 

 

この“リバブル売却保証システム”は、住宅の買い替えを希望しているものの、一定期間内に売ろうとしている物件が売却できなかった場合に東急リバブルが購入するというシステムです。

 

 

 

さらに再販売後に利益が出た場合は差益を還元してくれるというシステムになっています。

 

 

 

一軒家やマンションを売却する理由は様々だと思いますが、売却し新たに住み替えようと検討される方も多いのではないかと思います。

 

 

 

 

売却から購入がスムーズにいくとは限りませんが、この売却保証システムを利用することで、売却前であっても新居購入のための支払いができますし、資金計画も立てやすくなります。

 

 

 

 

 

リバブル売却保証システムを利用する際の流れを簡単に紹介しておきます。

 

 

 

@査定→A買い替え物件を選ぶ→B売却保証システムの申込み→

 

 

 

C一定期間販売(3ヶ月以上6ヶ月未満)→D売却できなかった場合は東急リバブルが購入→

 

 

 

E再販売→F再販により利益が発生した場合還元。

 

 

 

ちなみに、売却できなかった場合は東急リバブルが購入となっていますが、
価格はあらかじめ約束した価格での買取となっているようです。

 

 

 

その他には“リバブルあんしん仲介保証”というものも導入されています。

東急リバブルの売却手数料は?

所有する一軒家やマンションを売却をするという経験は、何度も経験するものではなく初めてという方も多いと思います。

 

 

 

そこで今回は売却の時に必要な手数料に関する知識をまとめました。

 

 

 

まず、売却する際にはどのような費用がかかるのでしょうか。

 

 

 

必要な諸費用として、印紙代、住所変更や抵当権抹消、司法書士報酬などの登記費用がかかります。

 

 

 

そして不動産会社に支払う報酬として仲介手数料というものが発生しますが、
売買契約を結ぶ時に半金、残りの代金は決済時に支払うという流れが一般的となっているようですね。

 

 

 

この仲介手数料というものはあくまで成功報酬となっているため、売却が成立しないという場合には支払う必要はないようです。

 

 

 

 

金額の上限に関しては宅地建物取引業法で定められています。

 

 

 

 

口コミなどを見ていると、この仲介手数料の値引き交渉をされる方もおられるようで、
実際に値引いてもらい仲介手数料が安くなったとの口コミもありました。

 

 

 

 

しかし、残念ながら仲介手数料の値引きはあまり期待しない方がいいです。

 

 

 

 

すぐに購入希望者が現れるような人気物件の場合はいいですが、多くの物件の場合売れるのに時間がかかるため、その間の広告や宣伝費、人件費などは想像以上にかかり、ある程度の費用は仕方がないようです。

 

 

 

 

その他には、必要に応じてですが、引っ越しにかかる費用、ハウスクリーニング費用、
売却によって発生する譲渡益に対して所得税と住民税がかかる場合もあるようです。

 

 

 

 

※売却を希望していたものの売却を中止せざる状況になった場合ですが、
東急リバブルでは基本的に広告費などは発生しないようですね。

東急リバブル、 マンションの売却の場合

所有するマンションの売却を検討しているものの、売却の知識がなく、なにから始めたらいいのか分からない…といった方もおられると思います。

 

 

 

そこで、今回はマンションの売却について詳しく調べてみました。

 

 

 

まず、東急リバブルでマンションを売却する時の流れを簡単にまとめてみました。

 

 

 

@売却物件の査定・調査→A契約をする→B売却物件の販売開始→

 

 

 

C売買契約を結ぶ→D残代金の受け取り・引き渡し。

 

 

 

東急リバブルの中古マンションライブラリーでは、中古マンションの売却をはじめ、購入を検討されている方のために60,000棟以上の物件情報を公開されています。

 

 

 

 

エリアやマンション名からも物件検索ができるようになっていますし、
売り出しが開始された物件をいち早くメールでチェックできるサービスなども展開されているようです。

 

 

 

東急リバブルのマンション売却の評判も気になり調べてみました。

 

 

 

 

「マンションの売却をリバブルに依頼したことがありますが、
事前に担当者から内覧希望者を連れてくるとの話がありましたが、約束の時間を過ぎても来ないので、確認の電話をしたら連絡ミスでキャンセルになりました…との返答が…。」
実際に東急リバブルでマンションの売却を検討されていた方の口コミですが、あまり評判が良くないですが、担当者次第なところもあるようですね。

 

 

 

 

※中古マンションを売却する時期ですが、一般的に1月中旬頃〜3月頃にかけてが良いと言われています。

 

 

 

 

特に春は新入学や就職などでマンションの購入希望者が多いため、その前に売却すると通常よりも好条件で売却できることもあるようです。

不動産の売却の流れ

一軒家やマンションなどの住まいを売却するという経験は、初めてという方も多いのではないかと思います。

 

 

 

そこで、不動産を売却する際の流れについて調べてみました。

 

 

 

@相場を調べる。

 

一軒家やマンションなどの売却予定の物件は、いくらぐらいで売れるのか?ということを事前に調べます。

 

住宅情報誌やチラシなどをチェックすると、価格の目安を調べることができますし、
インターネット上で複数の不動産業者に査定をお願いすると、おおよその相場を把握することができます。

 

※少しでも高く売りたいという方は、必ず売却物件の相場を事前に調べておいて下さい。

 

 

 

A不動産業者を選び、契約をする。

 

不動産売却を行う際には、不動産業者と「媒介契約」というものを結ばなければなりません。

 

この媒介契約には「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」があり、これらの中から選択して契約する必要があります。

 

 

 

 

B不動産の売却開始、場合によっては売却条件の交渉などもあり。

 

媒介契約を結ぶと、ホームページやチラシ、住宅情報誌などに物件が掲載され、
実際に購入希望者が現れれば、不動産業者との手続きが始まります。

 

その時に購入者の希望の購入価格、支払い方法などの交渉がなされ、希望によっては売却する物件の見学が行われるケースもあるようです。

 

 

 

 

C売買契約を結ぶ。

 

売り手側と買い手側の双方が納得すれば、売買契約を結びます。

 

売買契約を結んだ後は、購入者から手付金を受け取ります。(手付金の目安としては売却価格の5〜10%程度だと言われています。)

 

 

 

 

D物件の引き渡し。

 

残代金決済、引渡しの準備、住宅ローンなどの抵当権がある場合には抹消しなければなりません。

 

その後、物件の引き渡しを行い、売買契約は完了となります。

不動産の売却会社選びポイント

所有する一戸建て住宅、マンションを売却する場合、多くの方が不動産会社に依頼されると思います。

 

 

 

その際にどの不動産会社を選ぶのか?ということですが、不動産会社を選ぶ判断基準として、「査定額」「担当者の対応力」「これまでの売却実績」がポイントとなってきます。

 

 

 

まず、不動産の売却にあたり複数の業者に査定を依頼して、いくらぐらいで売れるのか価格や相場を調べますが、一番高い価格を提示されたというだけでその会社を選ぶと失敗することが多いです。

 

 

 

いくら高い査定額を提示されても、契約後になかなか購入希望者が現れないといって価格を下げられてしまう…といったことはよくある話です。

 

 

 

そして、担当者の対応力や提案力、信頼できる担当者なのか?といったことも選ぶうえで重要になってきます。

 

 

 

CMや広告などで宣伝されており、全国的に知名度のある大手不動産会社であっても、残念ながら担当者の各個人のレベルには大きな差があります。

 

 

 

 

なるべく希望に沿ってもらえるのか、疑問点などにもわかりやすく答えてくれるのか、しっかりと連絡をしてくれるのか、アドバイスは的確なのか、提案力はどうか、、など担当者を見極めることが大切です。

 

 

 

 

さらに、不動産の売却には法律や税金にも詳しい方だと、契約後にもしっかりとサポートしてもらえるため安心です。

 

 

 

 

また、不動産会社には得意とする分野と不得意とする分野があると言われています。

 

 

 

 

例えば、主に一戸建て住宅を取り扱っているところもあれば、マンションに重点をおいているところもあり、これまでの売買実績も異なってきます。

 

 

 

 

所有する一戸建て住宅を売却したいのに、マンションの売買を得意としている不動産会社を選ぶと、有利な条件で売却することはできません。

 

 

 

 

 

そのため、その不動産会社の得意とする分野を事前に調べておく必要がありますし、

 

 

 

 

これまでに売買実績がたくさんあるのか?ということも重要なポイントとなってきます。

 

 

 

下記の「イエウール」では、無料で各会社の値段が一度にわかります。

 

 

 

かんたんな入力だけですのでおススメです♪