不動産売却 注意点

無料!各会社の買取額がわかります

不動産売却の注意点を紹介

現在お住まいの家を売るという経験は人生の中で何度もあるわけではなく、多くの方が不動産の売却が初心者のため、売却時に必要な知識や注意点をしっかりと把握されていないようです。

 

 

 

売却時に必要な知識や注意点を事前にしっかりと把握した上で話を進めていかないと、高く売れずに損してしまうこともあるのです…。

 

 

 

そこで、今回は不動産売却時の注意すべきポイントをまとめました。

 

 

 

不動産を売却したいけれど、「初心者で何から始めたら良いのかよく分からない…。」という方は是非参考にされて下さい。

 

 

 

@不動産売却時の注意点・不動産会社選び

 

現在お住まいの住宅を売却したいと思った時に、重要となることは「売却価格がいくらなのか?」や「少しでも高い会社で売りたい」ということだと思います。

 

しかし、1社だけの査定ではその査定額が判断基準となってしまい、その家の相場を把握することができないため、売却時の基本ですが必ず複数の不動産会社で査定を依頼する必要があります。

 

そして、複数の不動産会社と接触することで、良い担当者に出会うこともありますし、良心的な仲介会社の場合、不動産売却に関する知識などを丁寧に教えてくれます。

 

また、高い査定額を提示してくれたところで契約を行ったものの、なかなか売れない…というケースもありますので、査定額や担当者との相性、売却実績などを総合的にふまえた上で選ぶ必要があります。

 

 

 

 

A不動産売却時の注意点・売買契約&引渡し

 

購入希望者が現れるとその後、売買契約を行いますが、価格交渉や諸条件に関しては購入希望者と直接行うとトラブルを招く原因となりますので、不動産会社の担当者に任せておくようにして下さい。

 

 

 

そして、契約条件とは異なる条件だった場合、契約後のトラブルに発展してしまうこともあります。

 

 

 

売り主にしか知りえないことや、この条件ならなかなか購入希望者が現れないのでは…?といった厳しい条件も契約前にしっかりと伝えておかないと、契約後に事実が発覚するとトラブルのもととなりますので注意して下さい。

 

 

 

 

さらに、引渡し後に故障個所が見つかった場合、修理代金などを請求されるケースもありますので、不具合箇所はないか?などを細かくチェックしておくように注意して下さい。

 

 

 

不動産売却の流れを簡単にまとめると、売買契約→支払い→引渡しとなりますが、
期日までに土地や建物を引渡しできない場合は違約となりますので、期日に関しても契約前にしっかりと確認しておく必要があります。

 

 

東急リバブル 評判|失敗しない不動産売却ポイントのTOPへ戻る