不動産売却 ローン中

無料!各会社の買取額がわかります

不動産売却はローン中でもできる?

思い切ってマンションや一戸建てを購入したものの、いざその地域で生活してみると、そこでの暮らしが合わなかったり、子供の成長に伴い、今住んでいるマンションでは部屋数が少なく生活しづらいなどの様々な理由で、新しい住まいへの住み替えを検討される方も少なくありませんがその時にまず問題となることがあります。

 

 

 

それは、“住宅ローンをまだ返済中”だということです。

 

 

 

マンションを一括で購入される方もいますが、多くの方がマンションや一戸建ての購入にあたり住宅ローンを組まれていると思いますが、不動産の売却時にまだローンを返済しているということが障害となってくることもあるのです。

 

 

 

結論から言いますと、現在住宅ローンの返済中であっても不動産を売却することは可能ですが、ある条件が定められています。

 

 

 

それは、不動産の売却が完了した時に、残りの住宅ローンを全て返済しておかなければならないという条件があります。

 

 

 

 

この条件に関しては、売却前に全ての住宅ローンを完済しておかなければならないというわけではなく、買い手側に引渡しを行うまでに完済すればいいため、売却代金で残りのローンを全て返済するという選択もできます。

 

 

 

 

なぜこのような条件が定められているのかといいますと、抵当権を抹消するためです。

 

 

 

 

住宅ローンなどを組むと、この抵当権というものが付いてきますが、住宅ローンを全て完済することで抵当権を抹消することができます。

 

 

 

 

当然、ローンの返済が終わっていないということは抵当権が残ったままの物件ということになりますので、抵当権付きの不動産を購入するという人はいませんよね…。

 

 

 

 

残りの住宅ローンを返済するために、貯金をあてたり、売却で得た利益を返済にあてることも可能ですが、それだけでは足りない場合もあります。

 

 

 

 

そんな時は住み替え住宅ローンを利用するという選択もあります。

 

 

 

 

この住み替え住宅ローンは新しく家やマンションを購入する場合、現在お住まいの家の残ったローン+新しい住宅ローンを組み入れることができます。

 

 

 

 

 

そのため、このローンを利用すると不動産の売却時にまだローンを完済できていない場合でも、新たな住宅のローンを組みことができ購入することができるというメリットがありますが、これまでのローンに新たな住宅のローンがプラスされるため借り入れ金額も高額になり、審査が厳しい、ローン返済のため生活が苦しくなるなどのデメリットもつきものです。

 

 

東急リバブル 評判|失敗しない不動産売却ポイントのTOPへ戻る