不動産売却 大手

無料!各会社の買取額がわかります

不動産売却の大手会社について

不動産売却時に重要なことは、必ず複数社で査定をしてもらいその売却物件の相場を知ることですが、不動産会社には大手とよばれている業者もあれば、地域に密着した地元で展開をされている業者があります。

 

 

 

不動産仲介業者を選ぶ時のポイントとしては、単に査定額が高いからという理由だけでは必ず失敗します。

 

 

 

大手業者に依頼した方が良い時もあれば、地元業者に依頼した方が良い時もあり、物件や地域などによっても異なってきます。

 

 

 

今回は不動産売却を大手に依頼する場合のメリット・デメリットについてまとめています。

 

 

 

不動産の売却を大手に依頼するメリットとしては以下のようなことがあげられます。

 

 

@これまでの売却実績が豊富で、全国で展開されているため安心感や信頼感がある。

 

 

A売却にあたり、広告などの宣伝費用のお金をおしまないため、大手ならではのネットワークもあり売却しやすい。

 

 

B大手不動産会社の中には、売却不動産が一定期間内に売買契約に至らなかった場合、その会社が購入してくれるというシステムを導入されているところもあり、その後の資金計画も立てやすい。

 

 

C大手不動産会社の中には、その会社独自の制度が用意されていることもあり、それらの制度を利用することで、売却前であっても新居への引越しを行うこともできる。

 

 

 

一方、不動産の売却を大手に依頼するデメリットとしては以下のようなことがあげられます。

 

@地域密着型ではないため、地元業者と比較すると劣る部分がある。

 

Aなるべく早く売ろうと期間を優先するため、売出し価格よりどんどん低い価格での売却を勧められるケースも少なくない。

 

B地域によっては全く需要がない場合もあり、宣伝費用にお金をかけてもなかなか売れない。

 

 

※不動産の売却を大手に依頼することをお勧めする物件は、手持ちの物件の立地条件なども良く、需要のある地域の場合です。

 

これは大手が最も得意とする物件です。

 

その場合、値段が高く設定されていても大手不動産業者の場合、広告や宣伝にお金をかけるためその分買いたいという人を多く集めることができ、高額での売却が期待できます。

 

 

大手の会社は、三井のリハウス、住友不動産販売、東急リバブル、野村の仲介、三井トラスト不動産、福屋工務店、ハウスドゥ等となります。

 

 

不動産売却の際は色々比較することをおススメします。

 

 

東急リバブル 評判|失敗しない不動産売却ポイントのTOPへ戻る