不動産売却 諸費用

無料!各会社の買取額がわかります

不動産売却の諸費用について

不動産の売却にあたり、税金や諸費用というものが必要となってきます。

 

 

 

そのため、売却した金額がそのまま手元に残るわけではなく、
売却額から税金や必要な諸費用を引いた額が手元に残りますので、売却する場合は手取りの金額がいくらになるのか?ということも重要です。

 

 

 

不動産売却時には、印紙税や譲渡所得税、必要であれば抵当権抹消登記の免許税などの税金を納めなければなりませんが、不動産売却時に費用な諸費用にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

不動産売却時に必要な諸費用を大きく分けると以下のとおりです。

 

 

@不動産会社に支払う仲介手数料

 

仲介手数料は仲介を依頼した不動産会社に支払う手数料となります。

 

仲介手数料は仲介売却が成立した場合のみに支払う費用ですが、売却金額が高くなるほど仲介手数料も高くなります。

 

仲介手数料は一般的に売買価格×3%+6万円×消費税で計算されます。

 

 

 

A測量費用

 

土地の境界が不明確な場合、境界紛争を防ぐために境界を明確にする必要があるのですが、その場合測量費用というものが必要となってきます。

 

土地の測量費用は、土地の形状や大きさによって異なってきますが、
複雑な土地の形であったり、大きな土地の場合は費用が高い傾向にあります。

 

また、測量費用は依頼先によって異なるケースも多いため、安く抑えるのであれば複数の業者で見積りを取られることをお勧めします。

 

ちなみに、測量費用は売主側が負担します。

 

 

 

B引越し費用

 

買い替えによる売却を行う場合は、引越しの費用はもちろん、なかなか次の物件が見つからない場合は仮住まいなどの費用が必要となってきます。

 

 

※その他の費用としては、引き渡し条件によって費用が発生することもあります。

 

例えば、リフォームを行ってからの引渡しが条件となっている場合は、リフォームを行って綺麗な状態にしてから引渡しをするためリフォーム費用が必要になってきますし、
古家のある土地を更地にして引き渡すことが条件となっている場合は、建物の解体費用も必要となります。

 

また、不要品がある場合は処分する費用なども必要となってきます。

 

 

東急リバブル 評判|失敗しない不動産売却ポイントのTOPへ戻る