不動産売却 税金

無料!各会社の買取額がわかります

不動産売却の税金はどれぐらい?

不動産の購入時には、仲介手数料、印紙税、登録免許税、登記手数料、不動産取得税などの様々な経費が発生しますが、不動産の売却時にも経費や税金が発生します。

 

 

 

税金というものは納めなければならない費用ですが、やり方次第では節約することもできる費用でもあります。

 

 

 

まず、不動産売却時にかかる税金を大きく分けると以下のとおりです。

 

 

 

@印紙税

 

不動産売買契約書に貼付する印紙は、契約金額に応じた収入印紙を貼付しなければなりません。

 

印紙税額は、不動産の売買価格が高いほど高くなります。

 

 

 

 

A抵当権抹消登記の免許税(抵当権を設定された場合に限り必要です。)

 

不動産の購入時に、購入資金の融資を受けられた場合、抵当権というものが設定されます。

 

これは、もし返済できなかった時に備えてのものですが、次にその物件を購入する買主が抵当権のない物件を取得できるように、抵当権の登記を抹消する手続きが必要となってきます。

 

抵当権を抹消するために「登録免許税」という税金が発生するのですが、この登録免許税額は不動産1個につき1000円となっています。

 

抵当権抹消登記の手続きについては自分自身で行うことも可能ですが、詳しいやり方が分からない場合は依頼することになると思いますが、その場合の相場は1万円前後だとされています。

 

 

 

 

B譲渡所得税

 

譲渡所得税とは、不動産の売却により利益が生じた場合、その所得に対して発生する税金のことです。

 

譲渡所得税額の計算方法は、不動産を売却した金額から、不動産の購入時にかかった費用と諸費用、不動産の売却時にかかった諸費用を差し引いた金額となります。

 

 

 

 

 

※不動産を売却する際には税金のほかに、仲介手数料、売却に伴う広告費、一括繰り上げ返済手数料などの費用が発生することもあるため、売却額がそのまま手元に残るのではなく、売却額から税金や必要な諸費用を引いた額が手元に残るため、そのことをふまえてその後の資金計画をたてておく必要があります。

 

 

 

東急リバブル 評判|失敗しない不動産売却ポイントのTOPへ戻る